インタビューページ『WHAT'S THIS?』|上製本(ハードカバー仕上げ)のオリジナル絵本が50冊からつくれる

個人情報保護方針 特定商取引法に基づく表示 アクセスマップ
  • 見積依頼
  • お問い合わせ/相談予約
  • ログイン
  • 会員登録
受付時間:平日9:00~18:00 TEL:03-5227-1728

オリジナル絵本 インタビュー
『WHAT'S THIS?』

SAKURA様製作のオリジナル絵本『WHAT'S THIS?』

/ 動植物やいろいろなものを切り絵で表現し、 /
その名前を3か国語で掲載した絵本

ページをめくると、動物、植物、乗り物など、いろいろなものが切り絵になって並んでいる絵本です。切り絵は五十音順に並べられていて、英語と韓国語に訳した言葉も載っています。そして、最後のページにはひらがな五十音と英字・ハングルの対応表があり、外国の人がひらがなを学べるようにもなっています。国を問わずにいろいろなことを伝えていきたいという熱い思いから、切り絵の絵本を製作されたSAKURAさんに、いろいろなお話をうかがいました。

絵本なら子どもたち平和希望わかりやすく伝えられるし、
日韓次世代子どもたち残せるい、絵本製作することにしたんです。

『WHAT'S THIS?』は切り絵の絵本ですが、この作品を作ろうと思ったきっかけは何だったのでしょうか。

2018年に韓国で平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック・パラリンピックが開催されましたが、私は直接現地に行って観戦してきました。そこで「平和と希望」というメッセージにインスパイアを受け、私も国を問わずにいろいろなことを伝えていきたいと思い、何かできることはないだろうかと2年間考え続けました。その結果、絵本なら子どもたちに平和や希望をわかりやすく伝えられるし、日韓で次世代の子どもたちに残せると思い、絵本を製作することにしたんです。

絵本もデジタル化が進んでいますが、どうして紙でできた絵本を選ばれたのでしょうか。

いま、自動化やデジタル化が進んでいますよね。例えば、手を洗いたいなって思ったら蛇口の前に手をかざせば水が出てきます。でも昔は手を洗いたかったら、蛇口をひねらなければならなくて、その作業をしてはじめて水が使えるという実感が得られたと思うんです。ですから、本を読む時には実際にページをめくって、その感覚や紙の質感などに触れてほしいなと、そのアナログな作業を残したいなと考えました。それに、紙って寿命が長いですよね。この作品は、次世代に伝えるためのものですから、紙でできた絵本がいいなと思いました。

絵ではなく、切り絵にしたのは、どのような理由からですか。

切り絵を作ったのは今回がはじめてです。最初は普通の絵にしようとしていたのですが、絵は、うまい、へたが明らかになるので、切り絵のシルエットにすればと考えました。それと、子どもたちが切り絵を見て「これは何だろう?」と、想像力をふくらませてくれるかなと思ったのも理由のひとつです。

絵本に使われた切り絵の作品たち

▲絵本に使われた切り絵の作品たち

一緒えてくださるところ丁寧アドバイスをしてくださったこと
印象り、ここにしようめました。

絵本を作るにあたって、「ガップリ!の絵本」を見つけた経緯や、選んでいただいた決め手を教えてください。

最初は出版社に行ったのですが、芸能人のヨガの本とか、野球選手のトレーニングブックとかを作っているところで、私の絵本の企画はちょっと場違いでした。でも、その時、話を聞いてくださった方が、「印刷会社に連絡してみたら?」とアドバイスしてくださったんです。それで、インターネットで検索して、「ガップリ!の絵本」さんを見つけました。電話をしてみたら対応が非常に親切で、その後、Zoomで相談したのですが、やはりその時も、とても温かな対応をしていただきました。それで、一緒に考えてくださるところや丁寧なアドバイスをしてくださったことが印象に残り、ここにしようと決めました。

切り絵を作る作業は大変でしたか。また、切り絵の題材はどのように選んだのでしょうか。

切り絵はまったくの素人なので、作るのが大変でした。切り終わったものも直したほうがいいかなと思うところが出てきたり、完成するまでには1年くらいかかっています。

切り絵の題材については、外来語のものは避け、直接、日本語から韓国語に翻訳できるものをなるべく選びました。国を問わずに広めたかったので、英語も入れた3か国語対応にしたのですが、切り絵や文字のバランスなどを見て、また考え直してという作業をしていたらアッという間に時が経ちました。大変だったけれど楽しい作業でしたね。

デザインナイフで切り絵を製作

▲デザインナイフで切り絵を製作

絵本製作で、こだわった点や難しかった点はありますか。

次世代に伝えたいアナログ感や、特色のある絵本をどのように表現するか、構想期間が一番難しく感じました。デジタルなものがあふれる世の中で、改めてアナログな、ハンドメイドの味とかぬくもりを感じてほしかったのです。それで絵本を見てくださった方に、切り絵初心者の私が絵本まで作れたんだから、「皆さんも作れますよ」「下手でもいいんだよ」ということが伝わればいいなと思っています。

いまは、表紙ツバメ世界している感じで、
絵本贈るたび熱くなります。

完成した絵本を手にした時の感想はいかがでしたか。

1冊目にしてはよくできたな、自分がイメージするものは表現できているなと思いました。描いたものが絵本という形になり、少し恥ずかしい気持ちもありますが、出来栄えは大満足です。いまは、表紙のツバメを世界に送り出している感じで、絵本を贈るたびに胸が熱くなります。

様々な色とツバメが並んだ表紙

▲様々な色とツバメが並んだ表紙

その後、絵本はどのように活用されているのでしょうか。

勤めている会社の後輩が縁をつないでくれて、日本とタイの教育機関の図書室や、日本・韓国・釜山などを中心とした福祉施設に寄贈し、子どもたちが絵本を読める空間に置いていただいています。タイに贈るものはタイ語に翻訳しなくてはならなかったので、紙に訳語を書いて、本に挟んでお渡ししました。これからも、必要としている施設に寄贈していく予定です。

外国の色々な地域で子どもたちが絵本を手に取り読んでいる様子

▲外国の色々な地域で子どもたちが絵本を手に取り読んでいる様子

絵本を受け取った方からの反応はいかがでしょうか。

寄贈先で子どもたちが絵本を読んでいる様子

▲寄贈先で子どもたちが絵本を読んでいる様子

現地におうかがいしていないので、子どもたちの反応を直に見ることはできませんが、寄贈先の先生方や施設の担当者さまから、お礼のご連絡をいただいています。訪問が可能になれば直接おうかがいして、絵本が子どもたちに読まれている現場の雰囲気を肌で感じたいというのがいまの夢ですね。また、絵本を手にした知り合いからは、「すごいね」「本当にひとりで作ったの?」「これ、本屋に売っている本みたい!」と言って驚かれもしました。

今後、何か作ってみたいものはありますか。

いまは、かるたを作りたいと思っています。今回の絵本は、日本語の単語を「あいうえお」順に並べて、韓国語と英語に訳しましたが、今度は韓国語の単語を日本語に訳した絵本も出そうと準備しています。日本の五十音表のように、韓国語にも「カナダラ表」というのがあり、「か」から始まるんです。最初は両方を一緒にしようと思ったのですが、子どもには分量が多すぎて飽きるかもと思ったので、分けて日本語だけ最初に出しました。

「ガップリ!の絵本」のサービスをご利用になった感想をお聞かせください。

「切り絵を絵本にするなんて、あまりないケースなので勉強になります!」と言って、色のことなど一生懸命考えてくださってありがたかったです。具体的な話では、うまく色が出ない「白い作品」があったんです。それについては、ほかの切り絵に変えようかとまで思ったのですが、現場の方ががんばってくださったので、それもうまくでき上がりました。本当にありがとうございます。出版社をはじめ、多くの印刷会社や「ガップリ!の絵本」さんに共通することは、本と人との出会いを大切にされていることだと思います。これからの時代は、本は読むだけでなく自己表現をアピールできる名刺にもなるのではないでしょうか。「ガップリ!の絵本」さんのサービスはとても温かくて、いつまでも愛され続ける一冊の本のようですね。

切り絵の「にんじん」や「るすばんでんわ」の色味は当社で色調を補正

▲切り絵の「にんじん」や「るすばんでんわ」の色味は当社で色調を補正

お話ありがとうございます。この絵本を読んだ時に感じるあたたかな気持ちを、
世界の子どもたちが感じてくれるといいなと思います。

他のインタビューを見る

りふdeおは梨様製作のオリジナル絵本『平田五郎』
絵本とおひるね舎 甲斐 絵里(エリック ウーリ)様製作のオリジナル絵本『のりまき のりちゃん』
株式会社グラフィッコ様製作のオリジナル絵本『魔女のレストラン』
伊敷トゥートリサ様製作のオリジナル絵本『ここに生まれてきたんだよ』
Yuri Alfrancaix様製作のオリジナル絵本『Fantasy』
社会芸術ラボORINAS  佐原香織様製作のオリジナル絵本『ちびおるめのひと駅の大冒険』
Fleurbrahman Art様製作のオリジナル絵本『EVER GREEN』/『だいじょうぶ』
Akiko.B.Mimura様/スゲノマロ様製作のオリジナル絵本『てふ ひらり はたり』
横瀬芽実依様製作のオリジナル絵本『いちにち』
猿払イトウの会様製作のオリジナル絵本『イトウってなーんだ?』
社会医療法人同仁会 耳原総合病院様製作のオリジナル絵本『てんぷら!声を聞かせて』
群馬医療福祉大学 村山明彦様 山口智晴様製作のオリジナル絵本『いったい どうなっているんだぃ?』
RYU(大迫龍太)様製作のオリジナル絵本『マジック用絵本』
緒方悠輝也様製作のオリジナル絵本『夏休みの思い出』
岡山県神社庁様製作のオリジナル絵本『あまのいわと』
コンシェルクリニックグループ様製作のオリジナル絵本『だって、くまだもの~歯医者さんへいく~』
横尾勇樹様製作のオリジナル絵本『クロとシロ』
佐久間千恵子様・山本夏子様製作のオリジナル絵本『れいぞうこさんちのおおげんか』
阿賀嶺壮志様製作のオリジナル絵本『さばくと少年』
国立大学法人東北大学・東北アジア研究センター様製作のオリジナル絵本『うしのあし ひとのあし』
Sakuchi(BOTTO)様製作のオリジナル絵本『くるくるおじさん』
たきざわたかこ様製作のオリジナル絵本『Peace of Harmony and Love』
あてま森と水辺の教室ポポラ様製作のオリジナル絵本『アイリス あてまの森のニホンリス』

ガップリ!の絵本ギャラリー

お客さまが上製本(ハードカバー仕上げ)で製作したオリジナル絵本を一部ご紹介しています。

ガップリ!の絵本ギャラリー

オリジナル絵本 無料サンプルプレゼント中!

ガップリ!の絵本では、初めて絵本を作成する方でも安心してご注文いただけるよう、オリジナル絵本の無料サンプルをプレゼントしています!

オリジナル絵本無料サンプルプレゼント