オリジナル絵本 活用事例|上製本(ハードカバー仕上げ)のオリジナル絵本が50冊からつくれる

個人情報保護方針 特定商取引法に基づく表示 アクセスマップ
  • 見積依頼
  • お問い合わせ/相談予約
  • ログイン
  • 会員登録
受付時間:平日9:00~18:00 TEL:03-5227-1728

オリジナル絵本 活用事例

活用事例 オリジナル絵本の使い方が、きっと見つかる!

「ガップリ!の絵本」では、たくさんのお客さまのオリジナル絵本を製作してきました。これまでの作品を振り返ると、一口に絵本といってもいろいろな活用方法があることがわかります。「絵本でこんなことも伝えられるんだ」「絵本ってこういう用途があったんだ」と、絵本の可能性とお客さまの豊かな発想力に驚かされるばかりです。

ここでは絵本の主な活用事例を「絵本作家、クリエーターの販売用/配布用」「企業や自治体のPR、販売促進用」「地域ブランディング/地域の歴史・民話紹介」「啓蒙・教育用」にわけて、ほんの一部ですがご紹介します。すでに面白い絵本の活用方法をお考えの方も、漠然と絵本を作りたいなと思っている方も、ぜひ、これからの絵本づくりの参考になさってください。

ガップリ!の絵本は、このように活用されています!

オリジナル絵本 活用事例「絵本作家/クリエイター」

「ガップリ!の絵本」には絵本作家を目指すクリエーターさんたちが相談に訪れます。「紙質や仕上がりを確認したい」「データの作り方を相談したい」「実際に作った商品を見てみたい」などなど、はじめての絵本づくには心配事が尽きません。

「ガップリ!の絵本」はハードカバー仕上げのオリジナルの絵本が50冊から低価格で作れるサービスです。インターネット上のやりとりで注文から納品まで完結しますが、先述の通り、専門スタッフと直接打ち合わせもできるので安心して絵本づくりが進められます。用紙やサイズ、加工など、お客さまが選択できる要素も多く、こだわりを追求した本格的な絵本を作りたい方にも好評をいただいています。

こうして出来た商品は、インターネットショップや、イベント、個展の会場などで販売されるほか、営業活動に使用されたり、家族、友人などに贈って喜ばれています。最近ではクラウドファンディングで資金調達する人も多く、自費出版がより身近なものになっています。

▼製作者インタビューでさらに詳しく紹介しています▼

オリジナル絵本『Peace of Harmony and Love』たきざわたかこ様
オリジナル絵本『ジャンのきいろいリュック』中根富美代様

オリジナル絵本 活用事例「企業・自治体」

会社の商品や地域のPRに何か作りたいけれど、パンフレットではすぐ捨てられてしまうし、ファンシーグッズでは詳しく伝えられない、何を作ればいいかお困りの方はいらっしゃいませんか。

商品や地域の魅力を物語にしたオリジナル絵本が、PRや販売促進に役立てられています。絵本は幅広い商品に対応可能で、商品が出来るまでの工程や消費者の元に届いてからのストーリーなどを描くと、商品への理解が深まり販売を促すことができます。

同様に地域の特産品や工芸品も、オリジナル絵本でPRすることができます。その土地土地で採れる特産品を主人公にしたり、ご当地のキャラクターなどを使えば、より興味を持って読んでもらえるでしょう。

起承転結のストーリーがなくても、現実的な絵と解説文で紹介したり、ゲームやクイズ形式の絵本にしたり、絵本の内容はアイデア次第ですので、お客さまの自由な発想で絵本を製作し、自慢の商品や愛する郷土を存分にアピールしてください。

オリジナル絵本 活用事例「地域・ブランディング」

民話や伝説など、その土地にまつわる古いお話はどの地域にもあるものです。そうしたお話を絵本にして、郷土文化に親しんでもらおうという活動が盛んになってきています。

オリジナルの絵本は幼稚園や小学校、図書館などで子どもたちに読んでもらうだけでなく、観光施設や観光案内所に置いて観光客に読んでもらうこともできます。絵を見るだけで概要が伝わるのは絵本の長所の一つですが、お話を日本語と外国語で表記すれば外国からのお客さまにもきちんと内容が伝わり、スタッフが外国語で説明する必要がありません。

昔話以外にも、その土地が開発された歴史を描いた絵本や、歴史を絡めて町や村を紹介する絵本なども人気で、大人も学べる教材として絵本は活用されています。

海、山、川、森などがある地域では、自然をテーマにした絵本を作って地域のブランディングを図っています。自然の営みを楽しいお話にしたり、自然の成り立ちを紹介したり、絵本を通してその土地の自然の魅力を発信しています。

▼製作者インタビューでさらに詳しく紹介しています▼

オリジナル絵本『アイリス あてまの森のニホンリス』あてま 森と水辺の教室 ポポラ様

オリジナル絵本 活用事例「教育・啓蒙」

啓蒙活動や教育のツールとして、オリジナル絵本が大学、教育・医療機関、NPO法人などで活用されています。

病気や障がい、人種への理解など、子どものころから教えたいことも、口で説明しただけでは子どもたちに響かない場合があります。子どもたちにとっては、興味が持てなかったり、イメージができなかったりするのかも知れません。オリジナル絵本は少し難しいテーマでも、かわいい絵と簡潔なお話で子どもたちにもわかりやすく伝えられるので、教育や医療の現場などで多く利用されています。

NPO法人の啓蒙グッズとしてもオリジナル絵本は活用され、自然保護や障がい者支援、国際協力など、大人でも考えさせられる重要な問題を、誰もが気軽に読める絵本を使ってやわらかく伝えています。

また、教育・福祉・美術などの分野で、大学でもゼミやプロジェクトでオリジナル絵本が作られるケースも多く、子どもの教育や保育の研究に役立てられています。

▼製作者インタビューでさらに詳しく紹介しています▼

オリジナル絵本『私たちの伝えたい日本のマナー』品川女子学院様

オリジナル絵本 製作者インタビュー

これまでに「ガップリ!の絵本」で絵本を作られた方にインタビューを行いました。

絵本を作ろうと思ったきっかけや、こだわった点、絵本を手にした人の感想、絵本の活用方法など、興味深いお話を伺っています。

これから絵本を作ろうと考えている方の参考にもなると思いますので、ぜひご覧ください。

オリジナル絵本 製作者インタビュー
オリジナル絵本ギャラリー
オリジナル絵本 無料サンプルプレゼント