無線綴じ|綴じ工程|印刷・製本をする|上製本/ハードカバー製本|オンデマンド印刷・製本なら「ガップリ!」

個人情報保護方針 特定商取引法に基づく表示 アクセスマップ
お問い合わせ

ようこそ
ゲスト 様

  • 新規登録
  • ログイン
  • 料金シミュレーション
  • 見積依頼

ようこそ ゲスト 様

  • 新規登録
  • ログイン
  • 見積依頼
  • 料金シミュレーション
  • 見本帳プレゼント
  • お問い合わせフォーム

無線綴じ

オンデマンド印刷で作る上製本の定番

オンデマンド印刷で作る上製本の定番「無線綴じ」

無線綴じは、丁合した本文の背に切り込みを入れたのち、製本用の接着材(ホットメルト)を使って背を固める綴じ方法です。見返しを貼り込んだのちに背表紙を補強し、天、地、小口の三辺を断裁します。

料金が安く製作期間も短い手軽な綴じ方法です。少部数のオンデマンド印刷で作る上製本の定番とも言われる綴じ方法ですが、コート紙や厚い紙質を使った場合、冊子を強く開いてページを引き抜くと、ページが脱落する恐れがあります。

無線綴じを選ぶ際は、上質紙や書籍用紙などの非コートの印刷用紙で比較的薄めの紙質(四六判70kg以下)の紙質をオススメします。

また、少ないページ数や大量ページの場合も、ページが脱落する恐れがあります。40~200ページ程度のページ数をオススメします。

無線綴じ
糸かがり綴じ
  • 糸かがり綴じ
  • 糸を使って本を綴じる伝統的な上製本の綴じ方法です。
ミシン綴じ
  • ミシン綴じ
  • 業務用ミシンを使って本の中心を糸で綴じる方法です。
平綴じ
  • 平綴じ
  • 背表紙の内側を針金で綴じる製本強度に優れた綴じ方法です。
アジロ綴じ
  • アジロ綴じ
  • 無線綴じ同様に製本用の強力な接着材(ホットメルト)を使って、背を固めて製本します。