ミシン綴じ|綴じ工程|印刷・製本をする|上製本/ハードカバー製本|オンデマンド印刷・製本なら「ガップリ!」

個人情報保護方針 特定商取引法に基づく表示 アクセスマップ
お問い合わせ

ようこそ
ゲスト 様

  • 新規登録
  • ログイン
  • 料金シミュレーション
  • 見積依頼

ようこそ ゲスト 様

  • 新規登録
  • ログイン
  • 見積依頼
  • 料金シミュレーション
  • 見本帳プレゼント
  • お問い合わせフォーム

ミシン綴じ

糸で綴じるから強い40ページまでの上製本

糸で綴じるから強い40ページまでの上製本「ミシン綴じ」

ミシン綴じは、業務用ミシンを使って本の中心を糸で綴じる方法です。中綴じ製本同様ページを開いて本の中心を重ねて綴じることから「中ミシン綴じ」「中綴じミシン」とも呼ばれています。

オフセット印刷でも対応は可能ですが、オンデマンド印刷の上製本に利用されることが多く、ガップリ!では40ページ以下の少ないページ数の上製本に利用されます。

糸で綴じられた上製本は製本強度が強く、ページが抜け落ちる心配は少ないです。また、ミシン綴じは本の中心を綴じるので、ページが180°開き、見開きページを使ったダイナミックな誌面レイアウトにオススメの綴じ方法です。

アルバムや写真集、作品集、絵本などの上製本を中心に利用されています。

  • 紙質にもよりますが最大40ページ以下の製本にご利用ください。また、本文ページ数は4の倍数になるように調整してください。
ミシン綴じ

その他の「上製本/ハードカバー製本」の綴じについて

ガップリ!では、上製本の綴じ方は、素材によって「糸綴じ」「針金綴じ」「無線綴じ」に分かれ、「糸綴じ」は「糸かがり綴じ」と「ミシン綴じ」、「針金綴じ」は「平綴じ」、「無線綴じ」は「アジロ綴じ」と「無線綴じ」の計5種類あります。

糸かがり綴じ
  • 糸かがり綴じ
  • 糸を使って本を綴じる伝統的な上製本の綴じ方法です。
平綴じ
  • 平綴じ
  • 背表紙の内側を針金で綴じる製本強度に優れた綴じ方法です。
無線綴じ
  • 無線綴じ
  • 丁合した本文の背に切り込みを入れたのち、製本用の接着材(ホットメルト)を使って背を固める綴じ方法です。
アジロ綴じ
  • アジロ綴じ
  • 無線綴じ同様に製本用の強力な接着材(ホットメルト)を使って、背を固めて製本します。