エッセイ・小説印刷|オンデマンド印刷・製本印刷なら「ガップリ!」

個人情報保護方針 特定商取引法に基づく表示 アクセスマップ
お問い合わせ

ようこそ
ゲスト 様

  • 新規登録
  • ログイン
  • 料金シミュレーション
  • 見積依頼

ようこそ ゲスト 様

  • 新規登録
  • ログイン
  • 見積依頼
  • 料金シミュレーション
  • 見本帳プレゼント
  • お問い合わせフォーム
オンデマンド印刷・製本印刷ならガップリ! > 冊子印刷/小冊子印刷 > 商品別でみる(エッセイ・小説印刷)

エッセイ・小説印刷

エッセイ・小説印刷

ガップリ!では、超大作の小説からエッセイ集まで、お客さまが時間をかけて書き上げたさまざまな文章を書籍にすることができます。活字がびっしり並んだ大量ページものにオススメの製本タイプや、おしゃれな文と写真で構成される本にオススメの用紙など、選択肢がたくさんありますので、一から選んで本を作る楽しみを味わってください。花布やしおり、ブックカバーなどをオプションで加えると、ご自分の書いた作品が、さらに書店で並んでいるような本に仕上がります。

「上製本/ハードカバー製本」で、あの名作のように

上製本/ハードカバー製本で名作のように

正統派の文学作品を本にするなら、オススメする製本タイプは「上製本/ハードカバー製本」です。デザインした印刷用紙やクロスを貼った固い表紙は重厚感があり、多くの単行本にも採用されています。

ガップリ!では表紙の素材に印刷用紙、布クロス、レザークロスをご用意。オプションでブックカバー、その表面にPP加工を施せば耐久性が一段と上がります。本文は糸綴じや針金綴じでページを頑丈に綴じることができるので長編作品でも安心です。

上製本なら布クロスやレザークロス、ビニールクロスの表紙も可能

上製本なら布クロスやレザークロス、ビニールクロスの表紙も可能

小説やエッセイ集の内容をイメージさせる表紙のデザイン・素材はとても重要です。

ガップリ!の上製本では、表紙は印刷用紙と、高価な文芸書に多い布クロス、洋書や全集風の格調高いレザークロスから選べます。表面にPP加工を施す印刷用紙は水や汚れに強く、表紙の写真や絵を美しくキープ。高級感のあるクロスの表紙は、オプションの箔押し加工でさらに豪華になります。

より単行本らしい印象にするならブックカバーをお付けください。

ガップリ!上製本サンプルを申し込む

文庫本のような気軽さの「くるみ製本」

文庫本のような気軽さの「くるみ製本」

エッセイのような比較的読みやすい作品を本にするなら、オススメする製本タイプは「くるみ製本」です。一枚の厚めの紙でできたソフトな表紙は持ちやすく、文庫本や新書でも使われています。

ガップリ!で常備している、くるみ製本の表紙用紙はレザックや色上質紙、コート紙などいろいろ。オプションでブックカバーを巻くことも可能です。

本文は背を強力な接着剤で固めるので、ページ数が多くてもきれいに綴じることができます。さらに補強したい場合には特別仕様の「糸かがり綴じ」が追加できますので、ご希望の方はご相談ください。

背表紙付きで本棚や机に並べられ、一目でわかる

背表紙付きで本棚や机に並べられ、一目でわかる

くるみ製本はページ数や紙の厚さによって幅(束)が変わりますが、背表紙のある本格的な本を作ることができます。

ほんの数センチのスペースに、本のタイトルや著者名、絵柄などが入れられるので、本棚や机に並べた時の感動も大きく、保管や整理にも役に立ちます。とくに上下巻や巻数が多い場合は、表紙用紙をそろえることも多く、背表紙に表記があると大変便利です。

背表紙のデータ作成が難しい方には、データ加工で「背表紙追加」のサービスがありますので、ぜひガップリ!にお任せください。

エッセイ・小説にオススメの本文用紙

エッセイ・小説にオススメの本文用紙

書籍の本文用紙もガップリ!なら、豊富なバリエーションを取り揃えています。

文字のみの小説なら、オススメは白く柔らかな質感で厚みがあって軽い「b7バルキー」、うすいクリーム色が特徴で目が疲れにくい「淡クリームキンマリ」、淡クリームキンマリより手触りが軽くソフトで厚みもある「淡クリームラフ書籍」です。

エッセイ集で写真や絵を美しく見せたい場合は、表面がコーティングされているコート系用紙が適しています。

文字と写真どちらも同じくらいの分量なら白色度や不透明度のバランスがいい上質紙がオススメです。

ガップリ!用紙見本帳を申し込む

エッセイ・小説にオススメのオプション

製作する小説やエッセイ集にプラスすると、もっと見栄えがしたり、耐久性が上がったりするオプション加工をご用意しています。上製本でもくるみ製本でもよく選ばれるのは、高級感の出る「箔押し加工」や「ブックカバー」。くるみ製本は「見返し加工」や「PP加工」、上製本では「見返し印刷」などが人気です。

箔押し加工

箔押し加工

本のタイトルや著者名などを箔押しで表現します。

色は定番のゴールド、シルバー、ブラックに、華やかなブルー、レッドの5色。箔をのせず凹凸をつけるだけの「空押し」もあります。

表紙やブックカバー、ブックケースに対応可能。布クロスとレザークロスの表紙素材にも加工できます。

見返し加工

見返し加工

上製本では基本仕様になっている加工で、1枚の紙を半分に折って、片方は表紙の内側に貼り、もう片方は遊び紙として本文と表紙の間に入れ本を補強します。

豊富なカラーと「セレクト用紙」もご用意していますので、アクセントとしてお好みの用紙をお選びください。

また、見返しに印刷する「見返し印刷」も可能です。

PP加工

PP加工

表面に貼ったフィルムが、印刷した紙を破れにくくし、ちょっとした水滴や汚れから守ります。

選べるPP加工は、光沢があり色が鮮やかに見える「クリア」、つやを抑え落ち着いた質感の「マット」、特殊加工でレザー調の凹凸をつけた「エンボス」の3種類です。

上製本で印刷用紙の表紙を選んだ場合は基本仕様となります。

ブックカバー製作

ブックカバー製作

表紙を保護する紙製のカバーです。

ガップリ!では本にセットしてのお届けか、セットなしでのお届けか選べます。

カバーのデザインは本体の表紙と変えられるので、デザインする楽しみも2倍に。表面にPP加工を施すと、破れにくくなり、水や汚れにも強くなります。高級感もアップするのでオススメです。

背表紙追加

背表紙追加

お客さまにかわって、本の背表紙のデータを作るサービスです。

背表紙のデータ作成は、ページ数や紙の厚さから背表紙の幅(束)を算出し、幅と本のサイズ、タイトル文字数などに合わせて文字サイズやフォントを選ぶ難しい作業。上製本・くるみ製本、どちらにも対応できるので、手間なくきれいな背表紙を作りたい方はご利用ください。